From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Patric McGrath の The Grotesque

桐野夏生のグロテスクではない。
なんせ、The 付いてるし。

作者のPatric McGrath は今年のアデレードライターズウィークにゲストとして参加していたイギリス出身の作家だ。 ライターズウィークには行ってないのだが、写真で見たら顔濃い!
なんか悪そうなことしてそうな顔だ!
だからこんな話書くのか。

と、顔で全てを判断しそうになったワタシだが、なんかおもしろそうなのでわざわざインターステイトライブラリとか云うのを使って (ライターズウィークのゲストなのに、本はシティの図書館になかったところが凄い)借りて読んだよ。
そんなことしている場合じゃないと云えばそうかもしれんが、期限内に読まないと延長はできないかも、というのがあったし、現実逃避も少し。
(そんな暇があるのか。いやない)

しかし本自体はそんなに厚くない。
字は小さいけど、隙間もなにげなく大きいような。
でも英語はそう簡単ではなかった。
読みやすいところもあるのだけど、内容が内容だけに「?」と思いながら、でも結構適当に読んでたけど。

ゴシックロマンとか云うらしく、執事(バトラー)だのサーだのがまた出てくるんだけど、語り手のSir Hugo (サーヒューゴー) が植物人間で、想像と事実が混ざったまま、順を追って話さないので、結局真実はどうなんだ? って最後まで読んでも分からない。
そういう話なんだよ。
(えっ? 私の読みが悪いって?)

このサーヒューゴー、執事を凄く嫌っているのだが、なぜか執事が裸のところを想像したりする。
妻にまったく興味を示さないサーヒューゴー、あんたはゲイだろ。
しかし、これが映画なら、執事は誰だろう? とサーヒューゴーの想像を頼りに考えてみたのだが、さっきググったらなんとこの本、映画化してた。
(しかも、本人のシナリオで、嫁がゲスト出演だ)

スティングで。

もちろん、スティングが執事の役だ(てことは、アレだ。映画にはスティングの裸が出てくるのか)
なるほどな~
IMDb で星5.1だから、 大しておもしろくないのだろうがなんとなく見てみたくなったりして。
ま、ビデオ自体が手に入らなさそうな気がするけれども。
(本も手に入りにくいぐらいだし)

そう云えば、読んでる間中、これが映画だったらとかずっと考えていた私。
多分、このストーリーは映画のほうがおもしろいと云うことか。
(でも成功してなくない?)

好きでないとあんまりおもしろくないかもしれないが、私はこの手が好きなのでアマゾン(US) でのレビューを読んでこの作品は他のと較べてあんまりかもという予想はしていたものの読んでしまった。
すでにスパイダー (Spider) とアサイラム (Asylum) もインターステイトで予約済み。
(だから本当にシティのライブラリにはないのだ!)

ちなみに声に出して一部を読んでいたら、旦那に、

「何て本を読んでるんだ?」

と云われた。
(不気味モノが好きなの知ってるだろーに)

The Grotesque: A Novel (Vintage Contemporaries)
The Grotesque: A Novel (Vintage Contemporaries)

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/21(月) 19:40:30 | | [ 編集]
プリシラ
確かに5つだ…ってくらいつまんなかった!
つまんないけど豪華キャストだから歯をくいしばって観たんですが それでも相当辛かったです。
スティング出てたけど 今IMDB見て気づいたのは サラ・コナーの人が出てる!それだけです。
記憶からはすっぱり抜け落ちてました。

こんな本まで読んでるなんて Siorinさんはすごいなー。尊敬しちゃいます。
2008/04/22(火) 10:55:32 | URL | [ 編集]
siorin
プリシラさんなら見てると思いました。
そしてやはりおもしろくないすか。
なんか微妙ですものねえ。星5つってそんなもんなんだろうとは思ったけど。
(大体、成功してたらもっと有名だったはず)
ところでスティングの裸はありましたか?
ちゅうか、あの話結局なんだったんでしょう?
と云ってももう覚えてないか。
Sir Hugoは実はゲイだった、ってずっと思ってるんですけど。
ひどくオープンエンディングですよね、この話。
どうにでも想像できるような……

(こういう変な話ばっかり好んで読むと云ったほうが……)
2008/04/22(火) 17:35:45 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。