From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Foxy moron なKath と Oxymoron なワタシ

テレビの話ではないんだけれど、きっかけはオーストラリアで人気のあるKath and Kim なのでそこから入る。

テレビをあまり見ないので、実際にテレビでやってるのを見たことはないのだが、 あるところで録画してあるのを見てから興味を持ってちょっと見てみた。
深くは分からないもののそこそこにおもしろい。
旦那は、そんなの見たくないとか云いながら、結局横で一番笑っている。
おもしろいんじゃないかよ!

そんなKath and Kim はアメリカに輸入されてUS版で放送されるらしい。
US版でもおもしろいのかな。

さてこのKath and Kim、普通に笑えるところもあるのだが、一番おもしろいのは英単語の間違いのよう。
表現もうっすら間違えて使っていたりする。
これは旦那がスルーしてしまった奴だけど(私のほうが拾った珍しい例)、

台所のなんとかをモノガミー(一夫一婦制)のにしたい。

とか云うの。
それは、マホガニーだろ!
しかし誰も突っ込まない。
母子(Kath とKim は母と娘)ともども普通にそれで話してる。
そりゃ受けるわ。

英語が母国語でない私は、ナチュラルでやるけど大しておもしろくないことが多い。
あ、でも先日やったわ。

Racks of lamb (骨付きのラム肉)を何も考えずに、Lack of ram と云ってしまったの。

「私も料理できるよ、lack of ram

ram は雄の羊で、全体としては雄羊不足?
雄羊以外のものを料理すれば、lack of ram か。と云うことで、間違えてないとも云えるな、とか旦那に笑われた。
LとRには気をつけましょう。(って私が云うな)

一体どういう人たちがやっているのかと、思わずアンドリューデントン(Andrew Denton)のインタビュー番組(Enough Rope)まで見ちゃったよ。
二人(Kath and Kim)は友達なのだそう。
(ググるとインタビューの様子が見られるよ。ABCで)

インタビューの中でこれから番組はどうなるのかと聞かれた二人(Kath and Kim)がこう答えていた。

a lot of eye candy (たくさんのビジュアルアピールってことらしい)
couple of hornbags (性的に魅力的な人のことらしい。Kim がいつも自分のことをそう呼んでいる)
some foxy morons

Kath のパートナーがいつも彼女のことをFoxy lady (旦那もイマイチ意味が分からんと云っていたが、 要するにセクシーで魅力的な女性みたいな意味らしい)と呼んでいるのだが、moronはバカの意味。
foxy morons ってKath and Kim のことか?
(foxymoron でbimbo(頭の悪い美人) ってあるサイトにはありましたが)

言葉遊びのうまいこの二人、(Kath and Kim は製作もこの二人がやっている)foxy moron はoxymoron に引っかけているらしい。
oxymoron ってナニかしらん。
moron っていうぐらいだから、バカと関係あんの。
と思って調べたら、やはりmoronはそこからきているらしい。

Greek "oxy" = sharp, pointed (鋭い、尖った)と、"moros" = dull の組み合わせで、 矛盾した言い回しのことなのだそう。
うまいこと云いますね。

とか云いながら、気づいたらそりゃアタシじゃないか。
先日のこと、

I want a humble house in North Adelaide.
(ノースアデレードに質素な家が欲しい。 注:ノースアデレードはどこに住んでも高い)
I want the cheapest Lexus of my own.
(一番安いレクサスが欲しい。 注:控えめなつもり)

と旦那に訴えた。
これぞ、oxymoron のいい例じゃ!
てか、気に入ってるんだけど、このフレーズ。
だって受けるんやもん。

ちなみに、ウィキペディアには、pretty ugly とかあったよ。
(pretty はかわいい(この場合、「かなり」の意味)。ugly は醜い)
なるほどね。

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。