From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

硫黄島からの手紙 Letter from Iwojima

真面目な映画が苦手な私が、タダだからと云う理由でつい選んでしまった硫黄島からの手紙
もちろん、どんな映画か全く分からない。
そしたらあなた、戦争の映画じゃないですか。(って知っとけよ)

しかし気が向いたので、さらにDVDを借りれるまでの待ち時間が長かったため、助平根性が出て観たってところが私なのだけど。
後を引きました……、やっぱり戦争映画
大分前に見たのに、なんも関係のないところで思い出してしまったりするのです。

この映画、なにやら云う映画と(←全然分からん)と対になっているらしく、そいつはアメリカ側から見た戦争を描いているらしいです。
硫黄島からの手紙」は日本側からで、もちろん「生きて帰れると思うな」という姿勢なのだけど、てことはもちろん、Flags of Our Fathers 「父親たちの星条旗」(←なにやら云う映画。ググった)はアメリカ側は「生きて帰ろう!」なわけです。
分かってることなんだけど、妙に新鮮で、ホントこの映画を見ながら、「絶対死んでやる!」ぐらいの勢いの日本軍を感じました。
(そんなモン感じてもなあ……)

そんな中、この人どっかで見たことあるような。
と思ってみたのが渡辺謙、なわけはなく、もといジャニーズの芸人(って云うな)Kazunari Ninomiya (漢字分からんのでローマ字にした(ググったついでに分かってしまった。二宮和也!))でした。
嵐のメンバー? 知らんかった。
でも、この人「黒い家」の作者(このごろ物忘れが酷くって)の話がドラマ化か映画化したときに主演で好評だった人でしょ? 観てないけど。 (青の時間とかそんな題)
なんかこれ観て納得したもの。

このキャラ、私にはおもしろかったです。
云いたいこと云い過ぎて、上官に目を付けられてしまったりするのだけど、生き延びたいと思いながら、死ぬんだろうなあ、とか思ってて、 なんか非常に身近に感じました。
(墓穴掘ってんのかなあ、はおもしろかったぞ(注:笑う映画じゃない))



この映画見てたら、なんか「生き延びて恥をかくよりも……」ではなく、「早く死んで楽に……」 みたいな上官のエゴに下っ端が引き摺られて無駄に死んでいった、ようなところがあり(どっちみち最後は死ぬんだけど)、 渡辺謙扮する栗林中将との姿勢の違いが出ておりました。

このシナリオを書いた人、アイリス山下とかいう女性なんだけど、英語が母国語で日本語はできるけど、全て英語で書いたそうです。
(とDVDのおまけで云っていました)
でもなんか、調べてるねえ、って感じで、事情がよく分からない私でもなんかとてもリアルに感じてしまいました。
俳優がホントに日本人なところも良いですね。(何て悲しいことを書くんだ……、だってホンマやもん)

そんなわけで、賞をたくさんもらってるだけある!
IMDb でも星8.2なだけある。
と思った次第。

そして月並みなのだけど、戦争はイヤだ~

硫黄島からの手紙硫黄島からの手紙
渡辺謙 二宮和也 伊原剛志


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:★おすすめ映画★ - ジャンル:映画















管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット