From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

死んだらどうなる?

心霊の話ではない。

先日、ビザの話からなぜか葬式の話になった。
子供のいない私たち、アンタが死んだら私は日本に帰る。
ビザがあっても、英語できないし、子供もなければ、オーストラリアで一人頑張るなんてできない。
いや、これはいつも云っているんだけれど。

死んだら葬式だ。
でもオーストラリアで葬式ってまだ出たことない。
義母の話を聞くと、どうやら葬式は教会でやるらしい。
あんまり出たくもないけれども、やっぱり喪服とか着て、墓に行くのだろうか。
よく映画とかテレビでは、墓地で棺おけを埋めているではないか。
そこでふと思った。

オーストラリアではやっぱり、土葬なのか?

火葬場と云うのがあんまり出てこないし、見たこともないので、きっと全員土葬なのかと思って旦那に聞いたらそうでもないらしい。
火葬でも土葬でも、鳥葬でも、自分の好きにしていいそうだ。

うっそぉーん。

僕が死んだら、灰をビーチにまいて欲しいと、思い切りらしいことを抜かす。
そんなに海が好きなのか。
(残りを日本の墓にとも云っていた)

日本では火葬と決められているけれど(違ってたらごめん)、私が死んでもこっちだと遺言でどうするか決められるのだろうか? まあ、 死んだ後のことだからどうでも構わんか。

土葬はいいけど、埋める場所の確保が大変だろうと旦那が云う。
身内の誰かが土葬にしたけど、土葬にすると棺おけ埋める場所が最低限必要だ。
そういえば、こっちで墓参りとかしたことないけど、アンタのお父さんはどこに埋まってるの?
と聞いたらば、どこにも埋まってないと云う。

えっ、でも。お義父さんは私たちが出会う前にもう亡くなってたじゃないか。

どうやら、義母の心の準備がまだできてないらしい。
それどころか、家の墓の場所も知らんらしい。
行ったことないってこと?

お盆と彼岸は墓参りが強制の日本人の私には驚きであった。
でもどうやら、これは家によって違うらしい。毎年、墓参りをする人々はオーストラリアにも存在する。
というか、そっちのほうが普通なのかもしれない。
(なんせウチの旦那の家族だからねえ)

だからと云って、先祖のことを考えないわけではないよ。先祖などという生前会ったこともない家族のことではなくて、 祖父母や父親のことはよく思い出すよ。と旦那は云う。
それが一番大切なことよね。

ちなみに、義母の願いは、自分の灰と義父の灰を混ぜて、二人がよく行っていた国立公園にまいてもらうことだそうで、 なんかロマンティックだ~

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

adelaidian
そうですよね。家の家族も全然お墓参り行ってないように思います。旦那さんと同じように、お墓の場所に行くことよりも思うことのほうが大切っていう考え方のようです。(イギリスなので距離的に無理というのもあるかもしれませんが)。ほんとなんかロマンティックで、日本の弔いというものとはちょっと感覚が違うみたいなかんじですよね。
2008/03/18(火) 20:39:39 | URL | [ 編集]
suji
まだお義母さんのところにあるってことなんでしょうか?? 
ちなみに、うちの義母は、遺言で火葬の手配から埋める場所(義父と同じ場所)まで決めてました。費用も前払い(?)で払ってあったみたいで、亡くなったとき、私たちがすることは何もなかったです。。
灰は、とある公園墓地の木の根元にまかれ、今は名前の彫られたプレートがあるだけです。
鳥葬は・・こっちの鳥って、マグパイとか?? それって、何かイヤです(笑)
2008/03/18(火) 20:45:41 | URL | [ 編集]
MINKEY
この話題は将来逃げ切れない話題ですよね・・・。日本と全く違うのし、旦那も長男だし、かといって葬式に出たことないらしいし。willですべて書いてることを祈ります。
2008/03/19(水) 13:58:16 | URL | [ 編集]
siorin
やっぱり墓参りってこっちではあんまりないのかあ。掃除とかしなくていいんでしょうかね。なんかあんまり雨降らないし、コケとか、雑草とか生えそうにないからいいかもしれませんが。
キリスト教に先祖を敬う、とか云うのはないのかな。
まあ、ウチの家族はそう云うのと遠いけど。
2008/03/19(水) 16:32:41 | URL | [ 編集]
siorin
多分そうだと思います。
義父は元気でまだまだ死ぬ歳ではなかったので、周囲はショックだったみたい。
いまだに義父の死と向かい合うのは義母にとっては辛いよう。
お墓行かないなら側に置いておいてもいいかも。

マグパイって肉食べますかね。
クッカバラではどうでしょう。奴は肉食のはず。かわいい顔してやってくれるぜ!
2008/03/19(水) 16:38:39 | URL | [ 編集]
siorin
遺言って皆書いているのでしょうか。私なんて考えたことないけど、どうやら旦那は考えているようです。と云うか、もう書いているかもしれない。見たことはありませんが。
遺言書いてあるなら、ビザのときに証拠として出せたけど、遺言なんてプライベート過ぎる、から絶対そんなことしない、と云っていましたねえ。やっぱりあるのか。
私が書くとしたら、やっぱり葬式のことぐらいしかないなあ。
2008/03/19(水) 16:43:50 | URL | [ 編集]
ぴっちー
しおりんの旦那さん、うちと一緒だ!灰はビーチにまいてくれだそう。

ちなみに私たちの遺書は変なところ細かいです。(旦那が)死んだら彼の切手コレクションは一番上の姉に行くことになってます
2008/03/19(水) 19:00:09 | URL | [ 編集]
siorin
へええ、なんか意外だ!
ぴっちーの旦那さんは、灰は図書館かなんかにまいてくれとか……、云いそうな感じ。
なんか感じが文学青年ぽかった。
ウチと違って、もうすでに遺書とか用意してるの? まだ若いのに……
2008/03/20(木) 23:30:57 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット