From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

宮部みゆきのShadow family

そんな本あったか?

と云われそうだが、ホンマに宮部みゆき原作だから。
しかし、当の本人もシャドウファミリーって一体どの本の英語タイトルなのか分からなかった。
正解は……

R.P.G.

英文版 R. P. G. <Shadow Family>

ロールプレイングゲームの略ですな。
作者は確か、ゲームマニアだったように覚えているので、なるほど。
そもそもなんで、日本語で読める本を英語で読もうと思ったのかと云うと、日本語を英語に訳したものを読みたかったからなんだけれど、 そもそも原作の日本語版を持ってなかったので意味があまりなかった。
(読み比べたかったのに……)

しかし読み始めたらおもしろかったし、本自体も薄かったので読んでしまった。
(Shantaram まだ休み中)
読んだような気もするけど、そうだとしたら確実に忘れた。

内容はゲームとは関係なく、もちろん殺人事件で、シャドウファミリーのタイトル通り、 作中の人物がインターネット上に架空の家族を持っていて、それが事件に関係している。
でも本当は、オリジナルのR.P.G. のほうがもっとうまいタイトルだと最後まで読んだら思うんだけどね。

日本語の本を持っていたら、日本語を英語に訳することで出てくる日本語らしい英語ってのをもっと感じることができたのだろうケド、 なにせ手に入らないし、最近小説を買って読まないので買えてもきっと買わないで借りるだろう。
そんな中、心に残ったのは、deep pocket とcabbage butterfly の二つ(だけか!)。
内容から意味は理解できたけど、モンシロチョウでなんでキャベツなんや? 新鮮だわ。

この本は講談社インターナショナルから出ていて、本の後ろには日本語で、普及版R.P.G. とあった。
どうも寄付とかじゃなく、図書館が購入したもののようなんだよねえ。どのぐらい読まれているのかはともかく。
その他、藤沢周平とか村上春樹の本もあったはず。
村上春樹なんて日本語でもあんまり読まないのだが、ちょくちょくレビューを見たりするので海外でも受けているのだろう。

ところで、作中の石津刑事(かどうかよく分からんけど)はやっぱり、クロスファイア(SF?)で最後に出てきた刑事かしらん。 テレビで見て、桃井かおりがやっていたのだけやたら覚えてるんだけど。
(映画だった?)後は矢田亜希子が出ていたのしか覚えておらん。
てか、矢田亜希子も名前しか覚えてない……。押尾学の嫁なんだよね?
(その旦那もよく分からんのだが)人気blogランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌

cherry
宮部みゆきの本って面白いそうですね。
私はまだ読んだことなくて、読みたいなって思ってたところなんです。
(って、海外では読みたいと思ったからとてすぐ読めるわけでもなし)

村上春樹は海外ですごく人気みたいですね。
ドイツなんて、特別コーナーがあるほどだそうです。
イイ作家に国境はないってことですね。
2008/02/15(金) 08:05:23 | URL | [ 編集]
siorin
おもしろいです。
しかし、最近のは読んでないんですよね。でも多分おもしろいのでは。
何だかんだ云ってもやっぱり、火車が一番おもしろかった!
火車の英語タイトルは、All she was worth だそうです。きっと図書館にあると思うんですが。
Shadow family は薄くておすすめです。
最初、タケガミだの、フチガミだの似たような名前が出てきてちょっと混乱しますが。
いかがでしょう?

村上春樹、日本語で読んだことあるけど、私はどーも……
おまけにもう1人の村上さんと混ざります。
2008/02/15(金) 17:48:08 | URL | [ 編集]
いずみん
ファンなんだけど・・・いつも、なにかしら、私肩すかし、っていうのかなあ、なにか焦点のズレを感じるのよね、宮部さん。
たぶん、私は推理、っていうのに重点があるのに対して、宮部さんはドラマ、人間模様の方に重点がある、のだと思う。

そのせいか、ドリームバスターとか、このRPG、途中まで読んだんだけど(図書館にあったから)、最後まで読んでないんだ。。。

私は「模倣犯」がおもしろかったね、やっぱり。それでも、最後まで読んだ時、あぁ、宮部さんらしいなあ、私の視点とは違うなあ、っていう気分にはなったなあ。

私のパソコンからだけかもしれなけど、本当に、ココはエラーがよく出るし、コメント打っていても、なぜか変換が遅いの。他のFC2のブログもそうなの。
なんでかね~v-361v-361v-361
2008/02/15(金) 18:33:53 | URL | [ 編集]
MINKEY
PRGは仕事場に誰かが置いていったのがあるので、読みました。日本語版。英語版はまだためしてませんね~。今私が読んでいるのは、桐野ナツオって言う人の「グロテスク」英語版を図書館から借りて読んでます。この人の、「OUT」が面白かったので,KIRINOで検索したらグロテスクが他にあって。OUTはおもしろかった!
2008/02/16(土) 08:22:26 | URL | [ 編集]
siorin
それはファンなのか?
あっ、でも私もマキュアンにそれを感じたわ。イアンマキュアンのEnduring love ね。
Atonement はOKだったけど。

私は推理小説でも人間関係に重点を置いてても全然気にならないわ。あんまり読んでないんだけど、清張もそうだったんだっけ?
ドリームバスターは全然読んだことない。RPGもかなりアヤシイのだ。読んだ気がするだけかもしれない。
模倣犯も読んでないのよね。
なぜかと云うと、映画だっけ。あれに絶望した。
凄いしょうもなかった……。
がっかりだった。
だから、あの分厚い本に取り掛かろうと思えない。

私がコメント書く分には全然問題ないんだけど、相性とかあるのかねえ。
時間とかも関係あるかも。
2008/02/16(土) 18:21:58 | URL | [ 編集]
siorin
私も読みましたよ。多分、OUT
テレビ化したような気がするけど、映画だったかも。
私は、このミスの推薦だったので読んでみました。グロテスクは読んでません。
本屋で英訳版見かけたのであるのは知ってるんですが。
うーん。
2008/02/16(土) 18:25:13 | URL | [ 編集]
プリシラ
買ったけど 読んでません…。
最近英語読むのが苦痛で苦痛で。
きっと本ならいいのかしら。
まともな英語だろうし。

あれは表紙がいいですよね。

こちらの図書館には残虐記がありますが いつも貸し出し中。
やっぱり予約すべきかも。
2008/02/18(月) 15:24:06 | URL | [ 編集]
siorin
残虐記が何か分からなかったのでググリましたよ。
同じ作者ですね。
現実の事件を題材にすると、読者の中にはかなりの反感を持つ人がいるんですねえ。とアマゾンのレビューを見て思いました。
クリスティでもそんなのあったなあ(レビュー見ただけで、どれかは忘れましたが)。
私は中身によると思うのですが、今のところあんまり気力が。この手のモノって、被害の当事者が書いてるのがありそうだし……
(海外でありましたよね、最近。カンプシュさんだっけ)
2008/02/18(月) 16:19:43 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット