From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
夜が遅いのはサマータイムのせい?

いま、アデレードはサマータイム、というか、デイライトセイビングで日本と1時間半時差がある。
それを一言で説明するならば、八時になっても夕日が沈まない。

時計を持ち歩かない私たちは、腹時計を頼りにするしかないのだが、全然頼りにならないと云うか、時間が感じとしてつかめない。
九時になったらもうちょっと夜らしくなるけど、それを知ったとき毎晩ショックだ。
学ばないわね。

デイライトセイビングのいいところってえと、電気代が節約できるところかしらね。
だからあるんよね? デイライトを有効に使うという……。
(ホンマか)
しかし、ウチの場合、そのデイライトを利用し、夕方散歩になんぞ連れて行かれた日には、帰ってからご飯を作らねばならない私は疲れてる。
いっとき休んで料理をする。
食べるのは九時ごろだ。

この状態が続く。
分かっていても続く。
下手すると十時近かったりする。
それから映画を見たりするのだが、見終わって寝るころには必ず十二時を過ぎている。
そこで素直に寝るわけもなく、昨日なんてつい耽ってしまったよ。

読書に……。
だって、宮部みゆきの本はやっぱりおもしろかったんだよ!
久し振りの日本語の本だったけど、やっぱり母国語すらすら読めたんで、一瞬読み切ってしまおうかと思ったけど、翌日仕事なので辞めた。
(昔は、一日ぐらい寝なくても平気だ! って読んでたけど)
もちろん今日はもう読み終わった。
財布が語るという、変わったストーリーなところもいけている。

ところで、私は九時から五時まで仕事をしているのだが、同じ職場のある女性はいつも三時に帰る。
一度聞いてみた。
一体いつから働いてるの?
すると彼女は答えた。

六時半か七時(もちろん朝だ)ごろから。私寝込めないの。

ひええええええ~。
こっちの人はどうやらそういう人が多いみたい。
旦那の弟の職場でも、三時とか四時に帰る人は珍しくないと云う。
ボランティア先(今のところと部署が違う)にもいた。
ちなみに、休み時間も一時間とってもいいらしいけど、ほとんどの人が半時間しか休憩を取ってない。
他で休みを取ってるようにも見えん(取ってないって)。
例えばおやつの時間とか。
妙にオーストラリア人は働き者じゃ~と思ったことだった。
(実際、イメージと違ってよく働くらしい。しかし逆もまたあるようで)

朝六時半から働くなんてことは間違っても私にはないだろうけど、もちっと早く寝て、早く起きたほうがいいんではないかと思ったりする。
(しかし無理)
大体、こっちの始業時間って八時半多いわ。
来年の授業は八時半からすよ。
私が九時に仕事場に行ったら、すでに他の人々は仕事してるしねえ。

そんな朝早くから働いてたら、やっぱり夕方には一仕事終えて疲れているはずで、 それからまだデイライトを有効に利用しなんぞかんぞしていたら、夜はよく眠れることだろう。
オーストラリア人て健康じゃん!!!

これで肥満が問題じゃなければ、本当に健康な人々の住む国で通るわ。
意外にもオーストラリアは長寿国なのだが、中年から若年層の肥満でその長寿もなくなるかもしれないけど。

てなわけで、デイライトセイビングのお陰で夜がもっと遅くなった(いや、変わらんか)、と書こうとして、 そうじゃない人もいることに気づいてしまったじゃないか!
でもワタシ、直射日光に弱いので、夕暮れじゃないと歩きたいとか思わないのよね~。
仕事終わりの五時なんて、ホントだったら四時じゃない。
暑いっつの!人気blogランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

MINKEY
そうそう。DAY LIGHT SAVING TIMEがQLDにもあれば、海にもうちょっと入れるし、時間が有効に使えるのに・・・。って旦那は嘆いてます。
2007/12/15(土) 08:42:59 | URL | [ 編集]
siorin
オーストラリアって、デイライトセイビングがないところもあるんですよね。国内を移動するにも分かりにくいと云う。
そういえば皆、散歩とかしてますよ、ビーチで。
店は閉まってますけど。
2007/12/15(土) 23:54:36 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。