From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
一言云うのも怖いとき

こっちで暮らしていると、当然英語が主で、日本語なんて喋ることはほとんどない。
たまに電話で母と話すぐらいだ。
なにせホレ、日本人の知り合いがいないので喋りたくても相手がいない。
AMEPを少しやったときに、LMで日本人の知り合いが出来たけど他で知り合う機会はめったにない。
ほぼないと云ってもいいぐらいない。
(友達が少ないんだよ、平たく云うと=ああっ、云い過ぎ!)

その代わりと云ってはなんだけど、英語にどっぷり浸かれる。って今タイプしたら、疲れるになった。
そっちのほうが当たってら~。
別に浸かりたいとも浸かりたくないとも思わないけど、浸からざらるを得ない。
その割りにオマエの英語、上達しないなあ、とか云われても人それぞれなので知らない。
(旦那以外ともあんまり喋らないからか?)
くどいようだが語学は奥が深い。

ファイナンスの終わりの宿題で、コースを受けての感想を書いた。
とりあえず自分で書いて、旦那に見せる。
ここ最近は大分修正されるのが減った。
あいかわらず気を抜くと、冠詞と不定冠詞、時制がおろそかになる。
で次が前置詞ね。
ちなみに私、ライティングがいまいち洗練されてないみたい。
(とは講師の評価)
洗練された文章、書きたいねえ!

前に聞いたことがある表現だから、とか思って使ったら、それはこう云ったほうが失礼じゃないと旦那に直された。
えっ? 失礼なことを書いたつもりはないのだけれど……。

これが怖い。
ニュアンスがよく分からないとこういうことが起こる。
例を挙げると、ボビー(さんまのからくりテレビに出ていた外人)が知ってか知らずか、年長の人に、
「オマエ」だの「この野郎」などと云ってた、あれだ。

私は、そこまでやってるとは思わないけど、他に云い方が分からずに直接的表現をしてしまい失礼に当たったりしたことはあると思う。
人が話してるときに、話しかけるもんじゃないとか旦那に注意されたこともある。
でも、マーケットで店の人が無駄話してるっぽいのを途中で止めるのもダメなの?
そのへんがよく分からない。
私ゃ、客だよ?
(そもそも、客がいる時点で話を切り上げるのが普通かと……)

これって文化の違いもあるだろう。
ある国では、頭を触ると失礼に当たるそう。というか侮辱だったりする。
それを知らずに頭なんか触っちゃった日には大事件に発展だ。

あるいは人によっておもしろい冗談がおもしろくなかったり。
でも個人レベルの違いなのか、国レベルの違いなのか、はたまた混合の違いなのか分からなかったりすると、もうワケ分からない。

そういえば、TAFEのビストロで接客をしたとき、良かれと思って頼まれてもないのに水を持っていって(無料だし)これはどういうこと? と聞かれたこともあったっけ。
なんか悪いことしたかと思って、びびったよ。

そんなわけで前回のような事件があると、私は何が原因だったのかを探るのにやたら時間がかかる。
下手すると英語喋るのめんどくさくなるよな~。
ヨーロッパ系のクラスメートさえ(彼らは概ねよく喋る)、自国と英語圏では自分の人格変わったような気がする、と云っていた。
チームワークの授業をやっていたときだけど、母国ならリーダーをやるけど、こっちではできない、とか云う人がいたもの。

ここは日本と違って、色んな国の人の寄せ集めだから、国の常識、個人レベルの常識も複雑になってくる。
もう考えても仕方ありまへん! って感じ。
でもないけど、ホント下手なことはいえない。しかし下手なことがなにかも分からんけどね。人気blogランキングへ

ああ、ただの愚痴になっちまった。

スポンサーサイト

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

cherry
>ホント下手なことはいえない。しかし下手なことがなにかも分からんけどね。

そうそう、普通に意思疎通は出来るようになっても、細かいニュアンスとかになるとわかんないよね。
母国語ではないっていうのは、何十年住んでも克服できないのかしらね。

でもいちいち指摘してくれるご主人がいたら、間違いに気づくからいいじゃない。
うちは間違ってても何も言わないので、間違ってることにすら気づかないで毎日を過ごしているけど、ある日とんでもない間違いをしていることに気づかされるんだろうね~。
やばっ!
2007/12/13(木) 08:59:53 | URL | [ 編集]
EveJohnnyママ
大きいよね、言葉や文化の違いって。。でも他の国のことは知らないんだし、自然にわかってくるまで、考えすぎない方が私もいいと思う。かえってナーバスになるほど、日本人は意見が無い、とか思われるもの。私はむしろそっちの方がいやだなあ。多少失礼でも、しゃべった方がしゃべらないよりマシだと思ってやってるよ。どんなもんでしょう?
2007/12/13(木) 09:13:41 | URL | [ 編集]
siorin
そうなんです。微妙な表現が難しいです。
微妙な表現レベルは習得するのが難しいんでしょうね~。
旦那の場合は、分かってもらえるまでしつこく説明することが出来ますが、知らない人の場合はそんな暇もないし。
この人は外人だから、で済ませてもらえることともらえないことってあるんだろうなあ。
でもそれで大事件は、どのぐらいあるんでしょうね?
たまに逮捕されてる人とかいるけど。
2007/12/13(木) 19:21:01 | URL | [ 編集]
siorin
ワタシも開き直っております。
しかし、英語で喋るときはいったん頭で考えなければならないことが多く、(それとも、英語が出るまでにかかる時間が長いので、頭が考えてしまうのか?)結果的に口から出ないことも。
なんか喋ろうとして、喋ってから喋るんじゃなかったぜ! と思うこともあります。
ただ、喋ってしまったもんは口に戻せないので、その場合はそのことは忘れるようにしてます。
次に間違えなければいいんです。
とか云ってみたりして。
2007/12/13(木) 19:27:02 | URL | [ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。