From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ブリッジングコースについて/その2
前にも書いたが、ブリッジングコースは進学して困らないようにするため
のものだ。
けれど、アカデミック(という)コースに進んだら、オーストラリア人と
一緒なので当然英語力はあるていどないと駄目だ。
(まあ、なければ入れない?)
私がいたときは、IT が人気で、生徒の大半が留学生だったようだ。
てなこともあるかもしれないが、だからといって内容が変わるものでもない。

で、ブリッジングコースだけれど。
コースの最初からいきなりアサイメントが出される。
出されつつ、何を使ってそのアサイメントを仕上げるかを習う。
まさに実践せよ。
覚えて実際に使って、理解したことを示さなければならない。
まあ、それはアカデミックでもそうなので、まさに基本をやっている。
という感じである。
いやだったのが、プレゼンテーション。
人前での発表。
しかし、その後アカデミックでもやらされたので、結果的にとっても
タメになった。
ブリッジングコースは、やっておけば必ずアカデミックで役に立つこと
間違いなしなので、どこの学校のが一番いいのかなんてのは分からないが、
お勧め。
IELTS 受けて直接アカデミック行っても、こういうテクニックは
試験には出ないだろうと、推測で云ってます、すみません。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。