From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

【カテゴリー  [[洋書] 大人向 fiction ]】

benri-navi by myhurt

1984

今朝の夢見が悪かった。
オーストラリアは今年のクリスマス休暇が長くって、土曜から火曜まで休み。それを直前まで知らなかった私は、嬉しくて飛び跳ねた。Jumping for joy ですよ。けどその最後の週の長いこと。休み最初の土曜の朝(今ココ)、悪夢で目覚めた上、起きたすぐから疲労ってあんた。

でここで、なぜ1984かというと、1984自体は今年のだいぶ前に読んだんだけど、夢の内容が1984っぽかったんで、今ここで書こうかなと。
と云っても、1984の設定とはまったく違って、ワタクシの夢は、リゾート地っぽいところから始まって(夢だから今考えると辻褄合ってんのか合ってないのかなのだが)細かいところは省くと、その客が、一人、プールの中でサメに腕を喰われる。でもこれが、なんかイベント的にやられてて、皆一瞬パニックに陥るけれど、いやまさか、そんなこと、きっと冗談に違いない。と自分たちを思い込ませる。だからここにいても大丈夫。
そこで自分の考えが。……それじゃ1984じゃん。

ああ、どっと疲れた。

ジョージ・オーウェルの作品は2作目。最初はアニマルファーム。あれも大概嫌な話だが、1984は、いやあ、名作ですな。絶対読んでもらいたい。私は家にあったので、Penguin books で読んだ。本は薄いが、字が小さい。そして内容濃い。読み応えは抜群。朗読音声もあったので、読みやすかった。(オススメ)ですが、内容が濃いので、もっかい自分で読み直さなければならんところも多々あり、すぐ読めるとはまったく云えない。翻訳本もきっと、いや、オリジナルより読み難いかもな。どうやって翻訳されてるか知らんが。

1984じゃないかと思ったけれど、これはカエルの楽園(by 百田尚樹)とも云えるかしら。
てか中国。カエルの楽園はもっと読みやすいし、しかも翻訳じゃなくて、日本語で書かれているのでもっとオススメであるけれど、それに加えて1984を読むのもいいと思う。
寝る前に、沖縄の話を聞いてたからなのか。沖縄の話を聞きながら、日本人てそんなにバカじゃないよね。と思いながら(てか、願いながらなのか)寝たからなのか。

内容は語らないので、読んで下さい。1984を読んでから、中国の話とか聞くと、ああ、まんま1984だわ、と思うことがあり、ホント凄いわ、この作品。

それを読んだときに、ある数少ない私の友人に、ココ凄い。と思ったフレーズを送ったんで、というか、それでなくても、心に刻まれたフレーズだけここに抜き出すと。

“In a way, the world−view of the Party imposed itself most successfully on people incapable of understanding it. They could be made to accept the most flagrant violations of reality, because they never fully grasped the enormity of what was demanded of them, and were not sufficiently interested in public events to notice what was happening. By lack of understanding they remained sane. They simply swallowed everything, and what they swallowed did them no harm, because it left no residue behind, just as a grain of corn will pass undigested through the body of a bird.”

訳されてるのもネットにあったけど。

ああ、なんか、読書っていいよね。(どういう展開)
もっと本読まないと駄目だね。
そう云えば、カエルの楽園が地獄と化す日を読みたいのだが、日本アマゾンに注文するとして、家族の誰かが読むかなと期待したが、まずカエルの楽園読まないと意味が分からないものなのか。(弟も知らなかった)
てか、石平さんの昔の本が面白そうだから、読みたいな。とか思ったり。来年はもちっと本を読んで、脳を鍛えたいと思います。

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット