From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

benri-navi by myhurt

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
欲しがりません

ご無沙汰していたIVF(=In Vitro Fertilization 早い話が体外受精か?)ネタである。

IVFといえば、あれから、っていつが最後の記事になっているのか覚えてないなあ。
最初のサイクルと、冷凍胚移植失敗までは書いたのだろうか。

その後、もう一度、IVFサイクルを体験した。
そのころには嫌気がさしていたのだが、なんせ薬が冷蔵庫の中で眠ってたもんで、おまけにそれ返品がきかなかったもんでしかたなしね。
そして、なんか今回もまた冷凍胚が一個あるのだが、それを使う予定はまだない。

さて、一回やっただけでもう嫌気さしたんか、根性なしっ! という声が日本の阿波池田あたりから聞こえてこんでもないけれど、だってねえ… …

実は、ワタクシ、一度自然に妊娠したんですわ。
IVFサイクルと冷凍胚移植(なんか大袈裟)を経験した後に、薬をもらって、二回目のIVFやろうと準備万端だったんだけれど、そのとき、 私の親知らずが、じゃない、親知らずの抜歯あとが腫れてきやがったことがあったでしょう?
それでIVFは急遽中止にしたんだけれど、そのとき自然妊娠をしたんだわ。

おおぉ! 生まれて始めて妊娠と云うものを体験したわ、ワタシ。
ホンマかいな、嘘かいな。
と、本人も半信半疑であったが、妊娠も初期の初期だったため誰にも云わずに夫婦で様子を見ておった。

そもそも、妊娠1週間とかで、普通ならあんまり分からんと云うか。
いや、他人のことは分からんので、どうとは云えんが、私達の場合、こんなに早く分かったのは、例のRipoffmed じゃない、 ReproMed のお陰だった。
もう、IVFって大変なのよ。
なんかあるごとに血液検査、血液検査で、体中穴だらけにされるわい。
(おまけに、一時期の担当者が超下手くそで、一回の採血で2回針打ち直し、の上に、中で2、3回方向針転換とかされたもんで、 完全にイヤになった。しかも痛いんだ)
その血液検査のお陰で、やたら早くに妊娠が発覚したのだった。

そんなわけで、「おめでとう」とか云われちまって、やった! お金が浮いたぞ(そういう問題か)。てか、なんか実感沸かないけど、 自力妊娠できたんだ、と感動していた。
(まあ、二人とも問題なしの健康体なので、できても不思議はなかったが、なにせ経験なかったもんで)

7日経ったら、赤ちゃんの心音が聞こえるとかナントカで(もう忘れた。間違ってたらゴメン)、その日はReproMed まで行くことになっていた。
でも旦那、まだナニがあるか分からないから、とりあえず安定期に入るまで周囲には黙っていようと云う。
まあ、それは正解だった。



さて、その7日目、ウルトラサウンド(って、日本語でナニに当たるの? エコーか?)で調べたら……

お腹の中には何もなかった。

赤ちゃんを迎える準備はできていたが、肝心の赤ちゃんになる部分がぽっかり抜けていた。
どうやら、途中で育つのをやめたらしい。

ショックだったが、本当のショックはすぐには来なくって、一週間ぐらい経ってからやってきた。
気にしてないつもりが、やっぱり気になっていたのか夢に出てきてしまって驚いた。
旦那はそれより前にやっぱり夢に見たらしい。
そのあいだも、私の体は妊娠している状態で、体はだるいし、眠いし、おかしかった。おまけに生理がこなかったので、手術で残骸を取り除いた。
これでなんかものすごく疲れたのだ。

5ヶ月も私のような状態で、家族と一緒にエコーを見たら、赤ちゃんいなかった、と云うケースもあったそうなので、 それに比べりゃマシだとは思うけど(しかし虚しいだろうなあ)、たった一週間でもダメージはしっかり成されるものだった。

なんだかんだで、義母には少しだけ話していたので、私も実母に話してあった。
でもダメだった、と電話で話したら、ウチのオカンは、「もうIVFはやめろ。自然に任せて、できなかったらできなかったとき」とおっしゃるので、 それもそうかいな、と私はあっさり納得した。
てか、上の経験ですっかり疲れてしまった。
元々、旦那が、やれ酒はいかん、コーヒー呑むな、ソフトチーズは悪い、etc などとうるさいもので、これが結構ウザかった。
ちょっと呑んだぐらい、どうだと云うのだ。
その手のことを云われると、お前はマニアックか、私のストレスも考えず、と今も思う。
(最近、かなり無視だが)

そんなこんなで、もうIVFはやらないと旦那を説き伏せ、次の生理がまた遅れ、 薬が残ってたんで結局やることになったIVFのサイクルでまた生理が遅れ、遅れるたびにやれ妊娠かとか(ぽかった)やってたんで、余計疲れた。
もうイヤだ。

そんなわけで、私はもう欲しがりません。

子供がいなけりゃいないで、今の呑気で気楽な生活を送っていられるし、つまりは生活にピークはないけど(子供の成長とかないんで)、 このままへらへらモードで二人でやっていくのは別に悪くない。
別に諦めたわけではなく、IVFまでして子供作ろうとはもう思わないだけ。
金かかるしよ~

旦那はまだやるつもり(私の気が向くときがあるだろうと思っているらしい)があるらしいけど、私はもうコリゴリ。
大体、IVFで男がやることって、ぶっちゃけ精子提供ぐらいしかないからそんなこと云ってられるんだよ、おっさん。
くやしかったらお前が生め!(年齢的に無理だが)

てなわけで、運が良ければ(IVFでも同じだが)、体内時計の制限が来る前に、子供を授かるかもしれませんが、なけりゃないで、 ハーフの甥っ子姪っ子は諦めろ、弟よ!
(君にはすでに、かわいいかわいい甥っ子と姪っ子がいるだろう!)

人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。