From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

benri-navi by myhurt

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
次なるステップ

仕事が順調に(?)なってきたとこで、本来なら当然もう始めていてもおかしくない、intermediate course を受けようと思った。
clinical coder になるには、まず medical terminology course をパスし、introductory ICD10-AM, ACHI and ACS course というのを受け、最終試験にパスしなければならんのだが(で、ぶっちゃけ仕事探すのが一番難しい)、このintroductory をパスして15ヶ月以内に次のコースを受けないと、チャレンジテストを受けるハメになる。そして仕事始めてから次のコース受けようと思っていた私は、見事に15ヶ月過ぎてしまったので、チャレンジテストを受けなければならなくなった。(うげえ)

このチャレンジテスト、なんだかんだ云って、introductory course の最終試験と同じ問題である(ような気がするだけだが)。少なくとも送ってこられた模擬試験のペーパーは、以前にもらった最終試験の模擬試験のペーパーと全く同じ問題だった。ということは、難易度が最終試験と同じ。ということだ。
またあの試験やるのか!(少しは経験してるんだから、もっと難しいのを、と云われたらもっと嫌だが)
と一瞬ショックを受けたが、やらねばなるまい。ということで、昔のテキストをひっくり返す。つうても試験一ヶ月ぐらい前からだが。(仕事から帰ったらなんかもう勉強する気なくなっちゃって)

コースをやってる時にも、間に長い休みがあって、その間勉強を全くしなかったら、なんのことはない忘れてしまった細かい事項があり、ついでに怪我や中毒の項目で頭ゴチャゴチャになり、色々あやふやになっていたのだが、今回そこのところを勉強しなおしたので、結果的にとっても勉強になった。このチャレンジテスト、復習するにはもってこい。と思ったが、なんせ今回は試験会場が職場。(試験料も会社持ち)
パスしないことには、とても恥ずかしい。大体、パスしないとおかしいし。(一回パスしてるから)しかも個人的には、前の成績より良くないと嫌だし。
というような思いがあり、ちょっとプレッシャー。試験前日はなんかとっても疲れていて、夕方から寝倒した。(なんだそりゃ)またしても、追い込みというより、追い込まれてから勉強頑張ったため、途中でパワー切れした感じ。試験前日はもうこれで何とかなるだろう、ってのと、単に眠気に勝てなかった模様。
試験は微妙な難易度。スーパー難しいわけではないが、単純ではない。
正しいコードでプラス1。主診断(primary diagnosis ってどう訳せばいいんだ?)が正しければさらにプラス1。間違ったコードを書くと、マイナス1。
コードを書く欄はタダの枠なので、書きたいだけ書き放題だが、調子に乗って頭痛だの嘔吐だのコードするとマイナスを食らう。コードするのは、その症状に対しての治療を受けたか。その症状によって病院滞在時間が伸びたり、治療に影響を与えたか。その症状が単に主診断の病気(あるいは怪我)の症状でないこと。などのチェックをせねばならない。

仕事中にそれで分からないことがある。下から出血で病院に来たら、内視鏡でポリープ見つかった。このポリープが出血の原因?
分からんなあ。まあ、出血の原因は分からなかったがポリープが見つかった、って書いてあったら、出血もコードすることにしてるけど。
(時間があればなんでもググるけど)

分からないことを書き続けると、かなりな長さになるしきっとつまらないだろうのでやめておくが、再試験勉強で(なんか聞こえが悪い)疑問に思うことがあり、何故私はこのことを当時先生に質問しなかったのだろうと不思議に思った。まあ、その時点で疑問にも思えないほど分かってなかったのだろう。そんな項目出ても一点にもならないぐらいかもしれないし。

こうしてめでたく試験を終え、つい先日、合格したとのメールがあった。いつ発表とはHPにも、試験関係の書類にも書いてないし、いつどのように合格を知るのだろうと思ったが、今はメールか!

めでたく念願の90%を超えたので嬉しい。
ちなみに仕事でも間違いは1割までだそうで。(仕事場では分からないモノはベテランに振れるしね)どうやってるんだか分からないけれど、誰ぞが毎週チェックしているらしい。誰が? 何を? どういうふうに?
誰も教えてくれないが(聞けばいいのか?)、上司には受けているようなので、大丈夫な仕事をしているのだろう。この前、週4で働けるように尽力してると云ってくれたし。試験合格もえらく喜んでくれたし(ちょっと恥ずかしかったぐらい)。

次のコースは一体何をやるねん、と楽しみなのだが、コース受付がなんと8月1日から。
私はそのころここにはいない。
日本に帰るし!
ちょうど8月1日なんだよねえ。帰ってくるころにはコースが始まってるときたもんだ。
てなわけで、HIMAA に掛けあって、申し込みを早めにしないといけない。
以前のコースで、一度時間の調整をしなければいけなかったときに、結構融通聞いたので大丈夫。あちらも商売だし。
本当は日本でコースを始めないといけないのか、と思っていたけど、どうやらそうじゃなかったので安心。コースを始めるはいいが、コードブックが5冊もあって、しかも分厚いので、やっとれるか! と思ってたところ。ebook買おうと思っていたもの。ああよかった。(ちなみに買うと300ドル以上)

スポンサーサイト

テーマ:国際結婚 - ジャンル:結婚・家庭生活

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。