From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

benri-navi by myhurt

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
このごろのグレネルグ
今日は久し振りにIKEAに行った。
なんか安くなってないかな、と思って。

金曜日は、なんでか知らないが大分疲れていて、帰ってきて(5時ごろ)横になったと思ったら、9時前だった。
Better Homes and Garden を見逃した。
それからまた寝た。
起きたら旦那はビーチへ出かけていた(大体毎週)。
お昼に帰ってくるまで寝てた。
でもって、帰ってきたら今度は旦那が横になって、起きたら3時半。

あいかわらず、全然お話にならない。
IKEAにたどり着いたら、4時だし。
うろついていたら、あっという間に閉店時間とあいなった。

サマータイムのせいで、外はまだ明るい。
てなわけで、グレネルグに散歩に行った。
グレネルグは変わった!
前から変わってるけど、店が開いてるときに行くことがあまりないので、今日行って驚いた。
トラムが走るメインストリートではなく、アパートが立ち並ぶビーチの反対側がなんだか凄い。
おしゃれなレストランが並び、その前はマリーナだ。
ボートが並んでいる。
ここへ来るたび旦那が云う。
ここのマリーナができる前、1ロット(船置くところ)$30,000ぐらいで売っていたが、今では$300,000ぐらいするんだよ。
数年で10倍だからお得だね。
(それは云ってない)

何で買っておかなかったのか?!

と云っても、ボート持ってないしな。
でも、メンテナンスもあまりいらなさそうだし、絶対お得な投資だわ。

メインストリートはあいかわらずだけど、グレネルグは別なところが超観光地になったなあ、と改めて思ったのだった。
(しっかし、レストランばっかりなのに、もっとレストランだ! 食い倒れの街か、アデレード

世の中にはお金がうなるほどある人がたくさんいるようで、ボートが並ぶその前に、二軒も中古のボートを売る店があり、中古でこの値段か!!
と感心した。
ウチのよりいい設備だ!
(ちょろい?)

さてレストランの前を通り過ぎると、ビーチへ出る。
そこで旦那が異変を察知した。




ボーダーセキュリティ、じゃなくて、サーフパトロールがわんさかビーチに出ている。
どうやら行方不明者が出たらしい。

岩場のあたりで4、5人、ボートが2台探索を続けている。
しかもビーチにはパトロールの車があっち行ったり、こっち来たりしている。
そうこうしているうちに、今度はパトカーがやってきた。

生でサーフパトロール(という番組がボーダーセキュリティの後にあるのだ。ボーダーセキュリティよりマンネリだ!)じゃ。
とか云ってる場合じゃなく、すでに10分以上が過ぎているので、行方不明者が心配だ。
皆、遠くから何が起こったのかとパトロールを眺めている。

見つからないんじゃないか。
と思ったのだが、これがなんと見つけてきたらしい。
ボートが戻ってきて、担ぎ出されたのは遠目でも分かる若い男の子だった。
どうやら意識がないらしい。
ビーチで人工呼吸が始まった。
(これまた遠目でも分かる)

救急車がやってきた。
ああ、よかった。それじゃ生きてるんだ。
と云ったら、旦那は、それはどうかなあ。脳に酸素がいってない時間が長いと、ダメージが凄いし……とか云いだす。

ビーチは怖いぞ。

泳げない私は、海に入ることすら稀なので危険なことはないが、皆知らないで沖まで行って、波に流され帰ってこられなくなることが多いらしい。
実は旦那も一度経験があって、必死こいて泳いだそうだ。
斜めに泳げばいいらしいが、まっすぐ泳いで、安全圏までたどり着いたときは相当疲れていたそうだ。
サーフパトロールにも、微妙に不安になった人々がうっすら笑いを浮かべながら、救助される様が見られたりする。
経験ないと分からんな~。人気blogランキングへ

そんなわけで、どうなったかはよく分からないのだが、とりあえず助かっていたらいいなあ。
スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。