From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

benri-navi by myhurt

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
War Memorial 再び。

10月25日

再び、戦争のお勉強をしに行った。実はAustralian War Memorial は観光アワードを2000年から2003年まで受賞しているそうな。
歴史のお勉強をしにいくのにも最適。ダンナはこの館の監修かなんかをしている人を建物の外で見かけた。今も進化しているのか、War Memorial?

昨日に引き続き、というか、昨日は最後には足早になってしまったので、丁寧に見ていく。
これは勉強になる。館内周るだけで戦争の歴史が分かる。
でも、丁寧に見ていく、ってことろがミソで、広いのですよ、この建物。

私は第二次大戦のセクションで鐘が鳴った。
ちょうど日本関連の部分が出てきたところでストップだ。
夫婦別行動で周っていたので、ダンナはもちょっと先まで行っていた。やはり日本兵のことを真剣に読んでいた様子で、写真まで撮っていた。

戦争のようすをジオラマで再現している。
個人的には、ロアルドダールのGoing Solo にも登場した、ドイツの軍用機がここにも出現したことが印象に残った。
オーストラリアと日本、状況が変わることで敵になったり味方になったり……。
やはりちゃんと勉強しないといけない。

あんまり真面目に見て周ったので、最後には本を読みかけのまま、途中で無理矢理取り上げられた気分になってしまった。 今度またもう一度来ないと。
ちなみに入場無料。

写真は二日目の閉館式の様子。
closing ceremony
スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。