From Adelaide(アデレードより)

オーストラリアはアデレードより。国際結婚で戻ってきたアデレード。 英語、職探し、オーストラリアの事件、イベントなど気の向くままに書いております。

◆ Lc.ツリーカテゴリー

◆ Lc.ツリータグリスト

◆ 最近の記事

◆ 最近のコメント

◆ 最近のトラックバック

◆ リンク

ページビューランキング!!
FC2 Blog Ranking

みんなの英会話奮闘記
人気blogランキングへ
ブログ王へ

◆ プロフィール

siorin

Author:siorin
その昔、留学したアデレード。
そこで知り合った現旦那と結婚。
こっちで正社員目指して頑張るはずが、今は週3日の仕事で満足してダラダラの生活。
こんなんでいいのか!?

注:広告などのコメントは表示もされず消去されます。

◆ カウンター


◆ amazon


◆ eBook off


◆ Benri-Navi

benri-navi by myhurt

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
アデレードでは今…… Writers' week

アデレードは今、イベント真っ盛りだ。

Clipsal 500(カーレース) から始まり、フリンジフェスティバルが! それに重なり、Adelaide Bank Festival of Arts が!

あ~、もうなんか分からん。
どれがどれか分からん。
大体、車のナンバーに、Festival state とか書いてるところですから。

フリンジフェスティバルとClipsal については昔書いた(はず)けど、 フリンジフェスティバルはどうやら二年に一回から毎年になったらしい。
(いつのまになったかは、忘れちゃった)
国内から、海外から、芸人だのアーティストだの劇団だのダンサーだのがやってくる。
そういうの好きな人にはたまらない。
私はお金払ってまで行ってないんだけど、ダンスとか見たいな。
(しかし、さすがにダンスのページは他に較べて非常に少ない)
旦那によると、「推薦してもらわないとどれがいいのか分からない」らしいが、パンフレットの中にやたら高いチケットのがあると、 きっとこれはいいのに違いないと思う私。
でも、安くていいのを探し当てることに価値があるんじゃあ……?
(そんなところに、バーゲン探すなって)

しかし今年の私の注目は、なんと云っても、Writers' Week であった。
ていうか、まだやってるんだけど。

実はこれも毎年のイベントのはず。
なんとな~く、留学していたときに聞いた覚えがある。
でも、どんな凄い作家がゲストに来ていようが、さみしいかな、さっぱり分からない。
馬の耳に念仏、猫に小判、であった。

ところが今年はなんと、あのイアンマキュアンがやってくると云うではないか。
映画「Atonement」がちょうど放映されて、知名度がさらに上がったマキュアンが。
という私も、プリシラさんに「Enduring Love」を紹介されて、読んでみるまで知らなかった。
Booker てなに? って感じだったのだ。
(でも、Booker を取った本は読んでたりした。しかし今も凄い賞らしいことしか分からん)

マキュアンは、その後ちらほら私の行く手に現れたので(実際に現れたわけではない)なんかしら興味があり、 アデレードに来るなら見てみたい。
と思ったのだが、正式に行われたWriters' Week のイベント($20)は気づいたときにはすでに売り切れていた。

実は今日、無料のイベントがあって、これには行ってみよう、と思ってたんだけど、ニュースで開会の様子を見てこれはダメだと即諦めた。
だって、炎天下(先週はあんなに寒かったのに)の中、テントからあふれるほどの人が集まってるんですよ。
来た人は、「シドニーとかに較べたら、ストレスなくてよかった」とか云ってたけど、田舎もんの私からしたら、 もうあれを見ただけでいいや~って感じ。
とは云え、マキュアンに会えるのはこれが最後のチャンスかもしれんので残念だなとは思ったけれど。
ええ、今日は涼しいところで仕事してましたさ、私。

イアン(マキュアン)より金。

ところで、一体他に来てる人はどんな人だろう?
と思い、ちょっとググって見た。
UKから来ている、Patrick McGrath だと? どれどれ……
アマゾンのレビューを読んでみる。
なんだかおもしろそうではないか。(結局、全部読んでもた)
よし、いっちょ借りてみよう。
と思って、チェックしてみたら、な、なんと……!

一冊もありませんでしたとさ。

ゲストに呼んでるくせに、一冊も図書館に置いてないとはこれいかに?!

(これがまた、図書館でゲットしたのに、このWriters' Week のスケジュール表)

ちなみにその他のゲストで目玉なのは、USからのPaul Auster らしかった。
名前は聞いたことあるような……
(でもどこでだかすでに不明。日本じゃないかもしれない可能性特大)

いま、アデレード、妙に混んでますぜ。人気blogランキングへ

ATONEMENT 贖罪
Patricia Highsmith のDeep water
イアンマキュアンのAtonement(贖罪)
スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報

◆ ブログ内検索

◆ Google

Google

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ adsense

◆ アクセスランキング

カウンター

◆ RSSフィード


copyright 2006-2007 From Adelaide(アデレードより) all rights reserved. powered by FC2ブログ.
ダイエット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。